GvG動画その2★

めりーくるしみます!!!!!!!!1
帽子スキルが大嫌いなていぱーです。


いえ!決して精錬実装に否定的じゃないんですよ!
むしろフィアー職に一矢報えるチャンスができただけで僕は大喜びなんですよ!

でもメッチャ慌てるからいやや!!ww



僕は何でもそうなんですが、不器用なので人の普通の3倍くらい練習したり考えたりしないと人並みにならないんですよね。
はやく慣れたいんですけど、他の人の試合も見て勉強もしたいというジレンマ!
まあ、練習はオリン以外の日でも仲間内でできるっちゃできるしね。

ということで、今日は色んな人のオリンを見てはひたすら興奮しておりました。




実装されたばかりだというのに、みんなあんなによくスムーズに精錬スキル使えるね・・・。
おじさんびっくりだよ。

特にMrANIKI氏(アニキの馬)、HunnyHunt氏、Schirmer氏、クジンシー氏がずば抜けて滑らかに見えました。

天才なのか!?





アニキの馬はLv58の頃からオリンに出始めたんですが、これが色々おかしくてですね。

あれよあれよと勝ち続け、Lv76~78にもガンガン当たるというアホみたいなマッチングの中、
対戦相手を優雅になぎ倒しておりました。
まぐれじゃなくて何度も。


2.gif


Lv20差ですよ?
んで、試合終わった後の一言がコレですよ。

「けっこう大変やね」



(#^ω^)ビキビキ

開いた口が塞がらないとはこのこと。


あのね、普通「けっこう大変」とか言ってる暇もなく死ぬから。
とどのつまりに「この糞マッチングがァ!!」と発狂するのがオチやから。




そんなアニキにはこの言葉を贈ります。



僕はきみと違って!
伸びしろタップリやから!!!!!!!!!!!!!!!!!




(#^ω^)



ね!!!





/^o^\フッジサーン






そういえばまだタイトル回収してなかった。


GvG動画第二弾、制作しました!

【Lineage2 Classic JP AT.02 Shillien templer GvG】



相変わらず味方のATKに頼りっぱなしですね。
盾やってるとリネは一人でやるゲームじゃねえんだなあ、ってよく思います。



負け惜しみでもなんでもなく、
僕にはアニキのような突出したプレイヤースキルもなければ某黒弓さんのような圧倒的な強さもありませんが、
味方を守ろうと思う気持ちは誰にも負けないと思います。

あくまで気持ちの話ですよ(笑)
実際にはうまくできてないけどね。



僕はSKやる前は歌に愛情注いできたのですが、
歌から盾に転向したのもそれがきっかけ。

歌は6秒に1度のヘイトしか味方を守る手段がなく(アレストはありますが場面が限定される)、
当然盾よりは柔らかいので、受け切るのは無理。

どうやったらもっと味方を守れるか、という部分に注目した結果でした。
一時期はLSの殺傷能力に溺れて敵を殺しに行く盾やってましたが、今はまた原点に戻っています。


現在は操作が追いつかず、それ以外にも判断ミスなどで間に合わなかったりする場面も多々ありますが
自分の目標とする盾になるべく、もっと磨いていきたいですね。



真面目か!!!!!









真面目ついでに僕の大好きな言葉をここにおいときます。

以下はテキサス大のアメフト部の名コーチであるダレル・ロイヤル氏が、選手に宛てた手紙内に記していた言葉で
僕が昔好きだった「アイシールド21」という漫画内で引用されてたものです。
(僕は漫画で知りましたよ!)






フィールドで戦う誰もが、必ず一度や二度屈辱を味わわされるだろう。

打ちのめされたことがない選手など存在しない。

ただ一流の選手は、あらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。

並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。

そして敗者は、いつまでもグラウンドに横たわったままである。










↓↓ポチッと応援お願い致します★
にほんブログ村 ゲームブログ リネージュ2へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[ 2016/12/24 03:33 ] 動画紹介 | TB(-) | CM(2)

アイシールド名言多いですよねー。
0.1秒縮めるのに一年かかったぜ!
[ 2016/12/25 18:45 ] [ 編集 ]

>あいどん
うんうんw
ぐっとくる言葉が多い良マンガやね!
[ 2016/12/26 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する